愛知県立  中村高等学校
校長室だより合冊版
      − 最近の「校長室だより」を合冊しました −

 過去のページを閲覧したい場合は 「時系列順検索」へ

 本校Webサイト「トップページ」にも戻りたい場合は こちら
 
●「校長室だより」を頻繁に閲覧される方は、このページも「お気に入り」に登録してください。

2019年度  第139号 新入生の合格発表を行いました

3月18日(水)午前10:00から合格発表を行いました。この日は穏やかな天候に恵まれましたので、感染症予防にも配慮し、広々としたグランド東側のネットフェンスに間隔を十分にあけて、合格者の受験番号を掲示させていただきました。
午前10時の発表直後の様子です。一か所に固まらないよう職員が誘導させていただきました。
10時15分頃の様子です。中学校のご指導もあってか、例年より時間を分散して来校していただいている感じでした。
時折、校長室まで歓声が聞こえてきました。合格おめでとう!

中村高校合格者への入学説明会は、3月23日(月)午前9時(受付8時40分)から体育館にて行います。合格者の皆さんは保護者同伴で必ず参加してください。

詳細は、本校の「令和2年度入学説明会の案内」を、合格通知とともに、それぞれの中学校から受け取っていただきご覧ください。教科書など物品購入で、帰りは荷物が相当なものになるかと思いますが、駐車スペースはありませんので自家用車のご利用はご遠慮ください。

また、感染症予防に向け、会場の座席の間隔や換気への配慮、説明時間の短縮にも努めてまいりますが、皆様にもマスクの着用や咳エチケット等へのご配慮をお願いいたします


2019年度  第138号 本校の臨時休業措置については、今後もご確認ください

保護者の皆さんへ

早速ですが、2月28日付けのご案内については、すでにご確認いただいたでしょうか。
緊急の対応となりましたが、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

   「臨時休業措置について(2月28日付け連絡案内)」へのリンク

 
生徒の皆さんへ

3月2日(月)から休業としますが、今後、私物の持ち帰りや次年度の教科書の購入、個別の指導など必要かつやむを得ない理由で、学年別や時間帯を分けるなどの配慮を検討したうえで、近日中に登校してもらう可能性があります。急な連絡になると思いますので、 3月2日から毎日、本校ホームページやきずなネットを確認するようにしてください。

・ 卒業生(3年生)についても、進学や受験関係で書類などが必要になった場合は、まずは学校に電話で問い合わせてください。先生方や事務室は在校しています。

・今回の休業措置の趣旨をしっかりと理解して、皆さん自身の安全と感染症拡大防止のため、不要不急の外出を控えるよう、改めて中村高校の生徒諸君に協力をお願いします。

 


2019年度  第137号 第65回卒業証書授与式を挙行しました

令和2年2月28日(金)、穏やかな早春の陽ざしに恵まれ、第65回卒業証書授与式を挙行することができました。

 今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止対応として、在校生の出席を見合わせた式典としましたが、卒業生は皆、立派に成長した姿を見せてくれました。

 ご参加いただいた卒業生保護者の方々につきましても、アルコール消毒液の使用やマスクの着用など、ご協力いただき心より感謝申し上げます。
卒業生保護者の受付の様子
卒業証書授与

総代 伊藤 沙恵
皆勤賞授与

代表 勝田 暁

3か年皆勤生徒は、学年主任から呼名され、一人ずつ起立していき、代表が賞状を受けてります。皆勤賞は、何ものにも代えがたい中村生としての栄誉です。
校長式辞

「65回生、卒業おめでとう。これまで皆さんを支えてくれた方々への感謝の気持ちを忘れず、本校を卒業したことに自信と誇りをもって、さらに大きく成長してもらいたいと思います。」
来賓祝辞
PTA会長 木村 幹雄 様

ご来賓の祝辞は、木村様のみとさせていただきましたが、ご来賓としてご参加いただいた同窓会の伊藤様、宮崎様、ありがとうございました。
在校生 送辞

代表 2年生 前田 透和
卒業生 答辞 代表 小野 香苗 

「・・・・・在校生の皆さん、中村での3年間は、限りある、かけがえのない時間です。自分のしたいこと、為すべきことをよく考え、”自主の庭”の精神を忘れず、仲間と助け合って高校生活を大切に送ってください・・・」
校歌斉唱
卒業の歌「旅立ちの日に」
指揮
3年生 伊藤 大雲

ピアノ伴奏
3年生 山田 夢芽
卒業生退場
最後は職員全員が拍手で見送りました。

 卒業はひとつの大きな節目ではありますがゴールではありません。皆さん一人一人がやがて見つけるであろう、それぞれのゴールに向けて逞しく羽ばたいていってください。皆さんの前途に、幸多からんことを心より祈念します。

 


2019年度  第136号 生徒会機関誌『中村』第52号が完成しました

 広報常任委員長の大谷さん(2年)が、完成した生徒会機関紙『中村』校長室に届けてくれました。機関誌編集に尽力した大谷さんは、編集後記でも書いているように「はじめての仕事で苦戦ばかりでしたが、機関誌委員さんたちや部活動の部長さん、生徒会のみんな、担当の先生など多くの支えで完成までたどり着けました。」と笑顔で渡してくれました。

広報常任委員長の2年生大谷さんと校長室にて

私が持っているのは、校長室に保存してある機関誌『なかむら』の創刊号です。

こちらが今回の最新号です。毎年発行する機関誌は、中村高の1年がよくわかる内容ですので、在校生や卒業生はもちろん、新入生にも配付する予定になっています。

 


2019年度  第135号 卒業記念品贈呈式の様子です

 例年は、卒業式の前日に全校生徒で予行を行っていましたが、今回は3年生のみで、同窓会入会式と代表の在校生からの記念品贈呈などを簡潔に行いました。

卒業記念品贈呈式

贈呈の言葉:2年生代表 田中君
お礼の言葉:3年生代表 鬼頭君
 さて、明日はいよいよ卒業式ですが、新型コロナウイルスの感染予防についての愛知県教育委員会からの通知に基づき、本校においても在校生の式典への出席を見合わせるなどの対応をいたします。

 式典に御参加される卒業生の保護者の皆様にも、当日は、設置したアルコール消毒液の利用、咳エチケットの励行や適切なマスクの使用など、ご協力をお願いすることがありますのでよろしくお願いします。また、換気などこまめに行うことに備え、温かい服装でご出席ください。

 詳細については、本日27日に生徒を通じて文書でご案内しましたが、ホームページのトップページにも『緊急連絡 新型コロナウイルス感染症にかかる卒業式の対応について』として掲載しておりますので、ぜひ事前にご確認ください。

 


2019年度  第134号 同窓会入会式を行いました

 2月27日(木)翌日の卒業式に先立って、卒業する3年生の同窓会入会式を行いました。当日は、副会長の古木啓介様にご来校頂きました。

中村高等学校同窓会副会長 古木様
 古木様の挨拶では、新会員となる卒業生に向けて、お祝いと激励の言葉とともに、実社会でのご自身のエピソードも交え、中村の”同窓の絆”を強く感じさせる、温かみあるお話をいただきました。

 


2019年度  第133号 陸上部 〜名古屋市内県立高校駅伝競走大会〜 
           
第35回名古屋市内県立高校大会総合表彰式

 2月11日(祝)陸上部が、庄内緑地公園で開催された名古屋市内県立高等学校駅伝競走大会に出場しました。今年度、夏頃から各部活動がそれぞれ参加してきた市内県立大会ですが、この駅伝競技が最終競技となり、男女ともに各校の総合順位が確定します。

オープン競技・男子チーム

9時スタート!早朝は少し寒かったですが、徐々に気温が上がってきました。
男子学校対抗(5区間16.1Km)
10時10分 一斉にスタート
女子学校対抗(4区間9.2Km)
男子から5分後に一斉スタート
女子、4位でゴール!

 女子1チームと、男子はオープン参加も含めて2チームが参加し、女子は4位入賞を果たし、これにより令和元年度の市内県立大会で中村高校は女子総合で昨日までの順位をひとつ上げ、6位入賞が決まりました。

駅伝競技の表彰式
今年度の市内県立大会の総合表彰式及び閉会式が引き続いて行われました。
中村高校は、この日の駅伝での活躍もあって、女子総合6位入賞が確定。

 当日は、駅伝の表彰式に引き続いて、市内県立大会の総合表彰式も行われ、学校を代表して陸上部で賞状を受け取りました。今年度の市内県立大会に出場したすべての部活動の努力の結晶ですね。次年度も、男女ともに更なる高みを目指してくれることを期待します。

陸上部の、愉快で・・・
仲良く・・・
頼もしい仲間たち!


2019年度  第132号 第3回PTA理事会と講演会が開催されました

 2月4日(火)今年度最後のPTA理事会を、本校会議室で開催しました。理事会では、本年度の事業報告とPTA会計の中間決算報告、また、次年度のPTA活動計画などについて審議が行われ、承認をいただき、次年度のPTA総会に送られることとなりました。理事会の後は研修会として、(株)明治 食育担当の田中 実 様を講師としてお迎えし、「チョコレートの世界へようこそ!」と題して講演をしていただきました。写真はその講演会の様子です。

講師の田中さんが羽織っているのは、ガーナなどアフリカの民族衣装のひとつ「ダシキ(dashiki)」だそうです。日本でいうなら、シャツとか浴衣みたいな感じでしょうか。
講演の前半は、カカオ豆やチョコレートの製造過程のお話でした。
そもそもカカオ豆って、こんなに大きなサイズだったのですね。知りませんでした。
カカオが赤道地域からヨーロッパに渡って、チョコレートとして大きな変化を遂げ、やがて日本にもたらされるまでの歴史についてのお話が続きました。
 さて、いよいよ「テイスティング」の時間です。
2種類の製品を参加者全員に用意していただきました。ありがとうございました。
皆さんと一緒に私も実際に食べ比べてみましたが、ナッツの風味の違いなどが確かにわかりました…かな?
にぎやかな雰囲気で、真面目にテイスティング?
 講演の最後は、企業が行ってきた「国際支援活動」の取組についてのお話です。
産地のカカオの木の高齢化、栽培に必要な苗木や肥料が入手しにくいという問題、栽培技術に関する知識が十分に浸透していないことなどが、カカオ農家が抱える問題なのです。
カカオ生産を持続可能なものにしていくためにも、企業として、SDGsが叫ばれるずっと以前から、井戸を寄付するなど、こうした海外の産地農家の環境改善を支援してきているというお話を興味深くお聞きしました。
技術支援など、具体的な支援の例もいくつか紹介がありました。
 身近なチョコレートを題材に、SDGsの理解を深めるのも面白そうですね。生徒の皆さん、探究活動のテーマとしてどうですか?

2019年度  第131号 弓道部 新人体育大会名南支部予選会

 2月1日(土)日本ガイシスポーツプラザ弓道場で開催された、令和元年度愛知県高等学校新人体育大会名南支部予選会に出場しました。

 団体戦は、5人立ち(各自4ツ矢×2回)1チームが合計40射の的中制で行われます。写真は、午前中に行われた男子団体、男子個人及び女子団体の選手達の1回目の様子です。中村からは、男子3チーム、女子2チームに加えて、男女それぞれ2名ほどが個人として参加しました。

男子団体;中村高Cチーム
男子団体:中村高Bチーム
男子団体:中村Aチーム
個人戦として2名の選手が、団体戦の選手らに加えてエントリーしました。
女子団体Bチーム
女子団体:中村高Aチーム
 男子Bチーム(穂波・黒田・斎藤・岩瀬・古山の各選手)が、見事に団体戦で優勝して愛知県大会に進出を決めました。また、男子個人としても2年生の穂波選手が、同じく愛知県大会へ駒を進めています。

2019年度  第130号 第51回『読書会』が1,2年生が行いました

 1月24日(金)5・6限のLTを使って1・2年生が、今年で51回目となる読書会を行いました。10月頃から数回開催された実行委員会での助言や情報交換を受け、クラスでも冬休み前後で題材として決めた作品を読む時間も設けながら、図書委員を中心に教の本番に向け準備を進めてきました。

会の進め方も、クラスごとで様々ですが・・・
グループごとに、論点に沿って意見を出し合い・・・
黒板や模造紙などを使って、まとめたうえで・・・
各グループが、クラス全体に、順に発表していく流れが多かったようです。
ふり返りシートに記載された感想
クラスごとに生徒たちが作成した、読書会のシナリオ冊子の一部

 本校の伝統行事である読書会は、生徒の読書習慣育成の一助となっているだけでなく、クラス単位の集団読書会の形式で行うことで、人の意見を聞き、自分の考えをまとめる力を育て、生徒たちが自ら選定・運営していく力を育てる場にもなっています。


2019年度  第129号 PTA名南地区研修会に参加しました

 1月24日(金)午後、瑞穂文化小劇場で開催された、令和元年度愛知県高P連名南地区研修会に、本校PTA役員の方々と参加してきました。

 講演会は、講師に越塚勇人氏をお迎えして、「命の授業〜ドリー夢メーカーと今を生きる」といった演題で、心に響くお話をいただきました。越塚さんは元体育教師。スキーで首を折る大事故をきっかけに全身マヒの体になり、その後の懸命のリハビリで社会復帰。事故をきっかけに人生も人生観も大きく変化したことから、現在は「命の授業」の講演を全国の学校や施設などで行い、命の大切さを訴え続けておられます。

講演会で越塚様からいただいた、
「5つの誓い」のシール


 後半には、熱田高校PTAと名南工業高校のPTAの皆さんによる、実践活動の発表がありました。発表会の司会は、本校の会長である木村様が担当しました。木村会長はじめ参加していただいた皆さんお疲れさまでした。研修会の詳細については、3月発行の中村高校だよりにて改めて報告させていただきます。


2019年度  第128号 女子バレーボール部 新人体育大会 名南支部大会

 1月18日(土)女子バレーボールの新人体育大会名南支部予選会が、名城大附属高校体育館を会場に行われ、中村はセットカウント2−0で初戦を突破しました。

   この日、午後から2回戦が待っています。気を引き締めて頑張ってください!


2019年度  第127号 大学入試センターテストはじまる

 1月18日(土)から2日間の日程で、いよいよ大学入試センターテストが行われます。1日目の今日、私も先生方と一緒に試験会場の名古屋大学と南山大学へ3年生の激励に行ってきました。本校生徒は、受験教科の選択パターンで主に理系と文系の会場に分かれますので、先生方も2グループに分かれ、お守り代わりの”KitKat”や”合格飴”などを一人一人に渡しながら激励の言葉をかけていました。

文系は主に、名古屋大学会場で受験します。
理系は主に、南山大学会場でした。

 初日は、地歴・公民、国語、英語が行われ、明日は、数学と理科です。みんな落ち着いて、力が充分発揮できますように!


2019年度  第126号 美術部 第34回 愛知県高文連 美術・工芸専門部 名古屋支部展

 1月16日(木)から名古屋市博物館3階ギャラリーで、高文連美術・工芸専門部名古屋支部展が開催されています。名古屋支部展は、名古屋支部だけでなく尾張支部や知多支部との合同開催ですので、県立高校だけでなく、名古屋市立高校や私学、特別支援学校など50校からの出展があり、多数の展示作品を鑑賞することができます。本校からは、油絵や工芸作品など8作品の出展があります。

会場は、3階のギャラリーです。美術部門・工芸部門など複数の展示室を使って開催されています。
中村高校の油絵作品
『紅傘美人』油絵 2年 中山結喜
『記憶の花』油絵 1年 伊藤帆風
『自由』油絵 2年 珠島百花
『ちょっとイキぬき』油絵 1年 糸居瑞穂
『午後。』油絵 2年 小林希明
『starring sea』油絵 1年 高羽雛姫
『黄昏の寂しさ』油絵 2年 中村知優
『真夜中の神社』油絵 1年 秋田陽菜乃
『社会の矛盾 矛盾な社会』1年 向井太洋
名古屋市博物館は地下鉄桜山駅からすぐ。

期間は1月19日(日)までの毎日
9:30〜17:00(最終日は16:00)

入場無料

 こうした高校生たちの日々切磋琢磨した成果を目の前にすると、その取組への真摯な姿勢や瑞々しい感性に圧倒されます。


2019年度  第125号 サッカー部 新人体育大会 名南支部大会

 1月11日(土)サッカー部の新人体育大会名南支部予選会が本校を会場に行われました。前半を0−1で折り返した中村は、後半にゴール前のペナルティーキックを見事に決め同点に追いつき、大いに士気も上がりましたが、その後、相手のセットプレーからの攻撃にゴールを奪われ、残念ながら敗退を喫する結果となりました。しかし、下の画像のように、選手は皆よく健闘してくれました。

 シーズン真っ只中!この冬、1,2年生が力を競って、頑張れサッカー部!!


2019年度  第124号 男子バスケットボール部 〜 新人戦名南支部予選 〜

 1月11日(土)、男子バスケットボール部が、中村高校を会場に行われた、愛知県高等学校新人体育大会予選で豊明高校を相手に初戦に臨みました。
 試合は第4クオーターまでほぼ一進一退の攻防を繰り返していました。どちらが勝ってもおかしくない展開でしたが、最後は残念ながら一歩及ばず試合終了のブザー。

 試合では、苦しい時であっても、どうしても1本欲しい場面が必ずあります。この冬の練習の中で、自分のチーム強みを活かした”勝負のプレー”を、常に本番のつもりで試していってください。フィジカルで負けているとは思えません。きっと自信を持って相手と駆け引きができるチームになると信じています。頑張れ!


2019年度  第123号 女子バスケットボール部 〜新人体育大会 名南支部予選〜

 1月11日(土)、女子バスケットボール部が、中村高校を会場に行われた、愛知県高等学校新人体育大会予選の初戦を突破しました。
 試合は前半、双方入れたり入れられたりの展開でしたが、第3クオーターで10得点ほどリードができ、その後は控え選手も使いながら、優位に試合を進めることができました。
 明日は、県トップレベルのシード校との対戦になりますが、厳しい場面をたくさん経験することで、体力面でもメンタル面でも、チームのステップアップにつながるものと信じています。


2019年度  第122号 茶華道部の新春茶行事「初釜」に参加させてもらいました

1月10日(金)授業後、本校茶華道部が和室にて「初釜」を行うということで、早速参加させていただきました。

「初釜(はつがま)」とは、新年最初のお茶会で、新しい年を祝うと共に、その年のお稽古を始める日でもあります。
最初にいただく主菓子の『花びら餅』
挟み込んであるのは、縁起の良い食材のゴボウです。全体がほんのり桜色のお餅はふわふわ。贅沢なお味でした。
次に、”濃茶”をいただきました。金と銀のお茶碗にお目にかかれるのも、1年でこの時だけですね。いずれも、伝統ある本校茶華道部の持ち物ということを知りました。
式年遷宮での古材は、全国の神社の修復以外にも、こうした置物にも姿を変え、大切にされています。干支のネズミがかわいいですね。
茶華道教師の先生から、作法について声がかけられていますので、生徒たちも私も少々緊張しているみたいでした。もちろん私もですがね。
床に掛け軸とともに飾ってあるのは、縁起物の”結び柳”です。無事、旧年と新年をわたり繋ぐという意味が込められています。

先生方、生徒たちのためにいろいろ支度していただきありがとうございました。今年もよろしくお願いします。

       先頭にもどる     本校Webサイト「トップページ」にもどる